• 続・太陽の神人 黒住宗忠
1 / 1

続・太陽の神人 黒住宗忠

¥ 1,404

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 360円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

黒住宗忠は幕末の日本が生んだ不世出の神人と呼ばれています。宗忠は江戸時代後期の安永九年(1780年)、「子(ね)の年・子の月・子の日」の日の出の時刻に備前国(岡山県)で生まれました。
そして、文化11年11月11日、35歳の誕生日である冬至の早朝、宗忠は太陽神・天照太神と合体します。それを「天命直授」といいます。
前著『太陽の神人・黒住宗忠』では宗忠の伝記をメインにして、さまざまな奇跡のエピソードをまじえて、彼の人物像を顕彰しました。本書では、神人・宗忠出現の意義を歴史的・霊的にあきらかにして、混迷する21世紀に生きる私たちが、宗忠から学ぶべき「人生の指針」を示します。
さらに、宗忠の教えを参考にした、著者の各種開運法・ピンチの克服法、心理学的開運思考などを随所に入れていますので、「開運の指南書」「自己信頼と癒しの書」としてもご活用いただけます。
第1章 宗忠がなぜ不世出の神人と呼ばれているのか
第2章 宗忠はいかに危機を脱して、神人へ到ったか
第3章 人生の達人・宗忠が示す「道の理(ことわり)」で、明るい人生を味わう
第4章 神人・宗忠が吉備国に出現した歴史的・霊的背景
第5章 「心の岩戸」を開き、神人和楽をめざそう
付章 慈愛の聖者・宗忠はイエス・キリストと同じ系統のミタマか?

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する