• 2013年から5万6千年ぶりの地球「超」進化
1 / 1

2013年から5万6千年ぶりの地球「超」進化

¥ 1,728

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 360円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

太陽族日本人は「産土心」で乗り越えよ!
『2013年から5万6千年ぶりの地球「超」進化が始まった』
Shinto Workers 山田雅晴&上部一馬著、ヒカルランド
1,600円+税
前著の『2013年太陽系大変革と古神道の秘儀』は、地球の霊的な成り立ちから、1度目から4度目の天の岩戸開きまでの「霊的地球史」をくわしく述べています。
新刊の『2013年から5万6千年ぶりの地球「超」進化が始まった』では、太陽系の成り立ちが原始太陽系と木星系が合体して、現在の太陽系を形成したことがわかり、その際に2つの霊系に争いが起き、それがレムリア・ムーとアトランティスとの抗争、現在の東洋と西洋の成り立ちに深く関わっていることを明らかにしています。
また、前著では中国での光の神業での天帝さまとの誓約(ウケヒ)と、最大級の神業となったシベリアの「赤き龍」のご開運神業をくわしく述べています。「ヨハネの黙示録」に登場する「赤き龍」はヤマタノオロチの集合体であり、そのリーダーである大ヤマタノオロチはノストラダムスが予言した“恐怖の大王”でした。
「赤き龍」のご開運によって、“シャドー(影)のミロクグループ”が地球に来臨することを阻止した経緯が述べられています。
新刊では、インドでの光の神業の後、重要な3つのメッセージ(直霊マイトレーヤのインド生誕、ゴータマ・ブッダの生まれ変わりである転輪聖王(てんりんじょうおう)のブラジル生誕、使用済み核燃料の早期無毒化)を明らかにしています。また、いままで生誕した4人の四魂マイトレーヤ(ラ・ムー、釈尊の弟子としてのマイトレーヤ、イエス・キリスト、黒住宗忠) と2030年に生誕予定の直霊マイトレーヤの関係性をくわしく述べています。
さらに、第1世代の黒住宗忠から2030年に生誕予定のマイトレーヤの第7世代までのムーブメントを述べています。宇宙の警察である「光のミロクグループ」が来臨して、「獣」をはじめ、闇の霊界である地獄界や魔界の大浄化が始まります。
前著ではグレートチェンジを乗り切るための霊的・物的対策や新しい時代の「世界観・人間観のモデル」を示しています。また、万物には必ずシャドーがあり、内なるシャドーと向き合い、心の光度(ルクス)を上げて、「心の岩戸」を開くための方法をくわしく述べています。
新刊では、太陽民族・日本人のはたすべき天命」をあきらかにして、国常立大神さまと大国主大神さまのメッセージを通して、「産土の心」の重要性を述べています。
このように、2書はペアになっており、両方読むことで、理解が深まります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する